引越しには子供の手も借りたい?

引越しには、人手が必要です。 いわゆる、猫の手も借りたいというやつです。 そんなとき、親戚の子供のA君が手伝いに来てくれました。 ありがたくて、涙が出るかと思いました。 A君は、家には何回も遊びに来ていたので、勝手も分かっています。 ○○の部屋から○○持ってきてというと、ほとんど迷わずに持ってきてくれます。 凄く助かりました。 A君には本当にお礼を言っても足りないくらいでした。

子供をこき使っている感じで申し訳ないと思うこともありましたが、A君が楽しそうにやっているので良かったです。全部終わった後、A君の希望でファミレスに行き、オムライスを食べさせてあげました。 凄く美味しそうに食べていたので、嬉しかったです。

やはり、楽しそうだったり美味しそうに食べてくれるには嬉しいものですね。 A君は、引越し当日も手伝ってくれました。 引越し業者の方に「お子さんですか?」と聞かれました。 子供がいるような年齢に見えたのはショックでしたが、A君みたいな子供だったら欲しいなと思いました。
https://www.sou-un.jp/

さすがにA君は引越し当日は疲れてしまったようで、最後の方はうつろな感じでした。 その日は家に泊らせてあげました。 次の日は荷ほどきの予定だったのですが、最低限のことだけをして、あとはA君と近所の公園で一緒に遊びました。 イマイチ慣れない家にずっといるよりも、公園でゆるゆると遊んだり、近所を散歩しているほうが楽しいかもと思ったのも理由の一つです。

おかげで、引越し実質二日目で、たくさんのお店を知ることができました。 今では近所で行ってないお店は無いと思います。 A君のおかげで、引越しを楽しめました。